2016年11月18日

【白瀧酒造】 上善如水 純米大吟醸 1800ml

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【白瀧酒造】 上善如水 純米大吟醸 1800ml
価格:5400円(税込、送料無料) (2016/11/18時点)


おせち予約なども本格化しつつある今日この頃。
お酒選びもお忘れなくというか。
正月くらいは……ですねぇ。
純米大吟醸酒ランキング から。

【白瀧酒造】 上善如水 純米大吟醸 1800ml

商品リンクはクリックすると広告スルーで直接注文ボタンに飛ぶ例の仕様ですが。
一応、上まで戻ってチェックしてみると、広告はシンプルに画像とテキストで商品紹介。
仕様一覧もやたら充実しているようで。
原材料名 米・米こうじ ( 国産米100%使用 )
【蔵元直送】 製造年月日が一番新しい商品を、蔵元・白瀧酒造からヤマト運輸の宅急便で直送いたします!(^-^)/
などなど。
さすが公式というところか、好感が持てます。

販売店は上善如水 オフィシャルショップ、運営は白瀧酒造株式会社(会社概要
公式ストアですね。
沢の鶴といい菊水といい、わりと有名どころの直営店も多いです、楽天。
だから安心……かどうかは未知数ですが。少なくとも定価販売なのは間違いないでしょう。銘柄によってはそれだけでも価値があるかもしれません。

返品規定にも「未開封」など異常な記載はないようではありますね。
ただし、
問題があった商品につきましては、原因分析のために着払いで返送して頂くことになりますので、捨てずに保管をお願いいたします
との規定もありますので、四の五の言われる可能性は捨てきれないかもしれません。
まさか蔵元が信用にかかわるマネはしないと思いたいところですが……
ワイン小売の場合はこちらをはじめとして何が何でも劣化していないと言いはる前例もありましたしね。
開封後返送という荒行を潜り抜けてきたワインを今さら調べて何がわかるのかという気もしますが……日本酒はどうなのでしょうね。ちゃんと意味のある「原因分析」ならいいですが。

まあ、これについては蓋をあけてみないとわかりませんし、そもそも「問題」がないことを祈りたいところ。ショップレビューは4.76 (728件) と大好評ですので、取り越し苦労をするほどのこともないでしょう。

もちろん商品自体も……

カスタマーレビュー18件、☆平均4.83
内訳は、
☆5レビュー…15件
☆4レビュー…3件
それ以下は0件
大好評。
文句のつけようもない感じですね。

☆4レビューも、
「感想を聞いたらとても美味しいとの事でした」とのレビュー
「喉ごしが良く大変おいしかったです」とのレビュー
「身内で行う新年会用に購入しました、飲むのが楽しみです」とのレビュー
減点要素も特になく、普通に大好評です。

ツッコみようがなさすぎてブログ的には記事に困りますがw

これで残るはすべて☆5レビューですから、本気で良い商品。今のところ事故もなし、ということかと。
高めの日本酒というのはギフト需要が多くて、実際の感想というのは少なめになりがちですが……
「上善如水の最高峰だけあってこれまでの妙に甘ったるくてベタベタしてピリピリくるというような感じは一切なく、すっきりしていて嫌みがなく心地よく酔えるとてもきれいなお酒です」とのレビュー
「とても呑みやすい上品な酒だと思います。 美味しいです」とのレビュー
「間違いなく美味しい!!すっきり爽やかフルーティです♪」とのレビュー
など、飲んだ人からは大絶賛。
吟醸香というのも慣れない人にはかえって苦手という向きもありそうな気はしますが、
「最初飲んだとき、酒が得意ではない私にはきついと思いましたが、飲み続けるとおいしいと感じるようになりました」とのレビュー
もあり、苦手な人にも意外と……?という期待は持てるかもしれません。
まあ、最終的には人それぞれ好みの話ですが。

あとは……

低評価皆無ですから配送等のトラブルがないことはもちろん、
「ラッピングの変更にも快く応じて頂き迅速丁寧な対応でした」とのレビュー
など、その他の対応もよさげな感触ではありました。

本気でツッコむところがありませんね (´・ω・`)

高いといえば高い酒ですが、純米大吟醸なら致し方もなし。
また、市場原理でむやみやたらに高騰しているある種の銘柄よりはリーズナブル?
年末年始くらいは、多少、奮発してみてもよいかもしれませんね……

商品詳細はこちら→【白瀧酒造】 上善如水 純米大吟醸 1800ml
他店を探すならこちら?→「上善如水 純米大吟醸」の検索結果:楽天
Amazonで探すならこちら?→白瀧酒造 上善如水 純米大吟醸 瓶 1800ml
「上善如水 純米大吟醸」の検索結果:Amazon
ラベル:上善如水 日本酒
posted by みる。 at 15:25| 日本酒・焼酎 | 更新情報をチェックする