2017年04月23日

さぎの湯温泉 さぎの湯荘

島根 人気温泉旅館・ホテルランキング(総合)から。

さぎの湯温泉 さぎの湯荘

普通のサイトっぽく見せようとはしていますが、所詮は楽天フォーマット。
素直に上のタブから見ていけばよさそうでしょうか。

といいつつ、「施設紹介」内の見出しは、
館内写真
〜料理〜
客室
温泉
詳細情報
あたりまでは、普通にいつもの楽天トラベルという感じですが。
当館から徒歩約30秒〜足立美術館
16畳 露天風呂付き客室
2016年 別邸「鷺泉〜Rosen〜」
「田の蔵・野の蔵」 グランドオープン!!
あたりになると、楽天ではわりと珍しめのタブかもしれません。

「別邸」まで含めて宣伝に力を入れているようで……
頑張っているといえば頑張っているのでしょうが、ヤヤコシイといえばヤヤコシイかもしれません。
というのも、「別邸」に泊まりたい場合はどこで予約すれば……というか何というか。そのあたりの説明はないのですよね。リンクなり連絡先なりを載せておいてもよかったのでは?という気はしないでもありません。

もっとも、写真・動画(141)のページには、普通に「別邸」も載っていたりしますので……
「別邸」とはいいつつ、受付窓口は一緒なのかもしれません??
「別館」とか「離れ」程度のものかも?
宿泊プランはなんと112件もあるようですから、別邸やら何やらのプランもこのなかに紛れこんでいたりするのかもしれませんねぇ。
ちょっとプランが多すぎてとてもではありませんがチェックしてみる気になれませんが……
宿泊検討者は、そうも言っていられないでしょうから、まあ、頑張ってくださいというところです。

まあ、詳しいことはとりえず宿に訊けばよいのでしょうが。
あくまでweb広告の構成として見た場合は、若干不親切な作りかもしれません。
美術館についてもそうですね。わざわざ宣伝ページまで作るのなら、たびノート「足立美術館」くらいの情報はあってもよかったかもしれません。

まあ、重箱の隅はそれくらいにして……

とりあえず画像等を見る限り、部屋も温泉も料理も周辺観光地もよさげな感じには違いありません。
個人的には地酒も気になりますね~
「月山」(日本酒)の検索結果:楽天
瓶やラベルの色(緑&青)的に、宿のいくつかのページに写っているのは、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【出雲の地酒】 「出雲月山 芳醇辛口純米酒」 720ml
価格:1167円(税込、送料別) (2017/4/23時点)

【出雲の地酒】 「出雲月山 芳醇辛口純米酒」 720ml
でしょうか? きっちり「純米」らしいのでなおさらです。

カスタマーレビューは527件、☆平均4.83
内訳は、
5点…258件.
4点…79件.
3点…10件.
2点…5件.
1点…1件.
大好評ですね。
低評価もあることはありますが、万人にとって100点満点というのはかえって不自然。これだけ件数が多ければ、そりゃ、たまにそういうこともあるでしょう、というくらいでしょうか。

1点も、
「まず向かうまでに雰囲気にがっかり、着いて本館を観て2人ともまたがっかりしました。はっきし言うと写真とは違います」「サプライズのケーキ、花束を用意していただき、とても彼女が喜んでいたので良かったです」「2度と行かないと思いますが、旅館の皆様の配慮が伝わってきたので、苦情ではなく、感想までにさせていただきます」とのレビュー
彼女にいいところを見せたかったらしい20代/男性のネチネチ投稿でしょうか。
誕生日対応もしっかりしてもらったうえに、「旅館の皆様の配慮が伝わって」くるというのに、ガッカリだの何だの勝手なことを言っている印象ですが。
メール、電話でも連絡がつかなかったため心配はしておりましが、近日になり連絡をいただけ「ホッ」として急いで、ケーキとお花の注文をいたしました。彼女さんに喜んでいただけて、安心いたしました
旅館としては創業100年を超える宿で、サイト上や過去のクチコミの返信にも記載しております通り、施設は昭和30年頃からの建物もございます。改装を重ねて、快適にお過ごし頂けるように日々努力はしておりますが、新築のような新しさはありません
という宿からの返信とあわせて、どちらに共感できるか、じっくり判断してみてください。というところでしょうか。

2点は、
「係りの人は何を言ってるのか良くわからなかった(声が小さい。ボソボソ)何か聞くと「あ?」とか聴きかえされてびっくり。田舎だからなのか、その人が悪いからなのか、こういう接客の旅館なのか?」とのレビュー
「チェックイン時の男性の説明が早口でよく聞き取れませんでした」「サービスは残念ですが期待外れ、ギンギンに冷えていないビール、食器を置くときに大きな音をたてても「失礼しました」もない、鍋の火はまだいいですと言ったらでは自分でつけてくださいねと言われてしまいました。自分でつけるのはOKですが言い方の問題です。申し訳ありませんがとかお願いしますがないので驚きました。布団を敷きに来た2人の方はおしゃべりをしながら…少し厳しい評価かもしれませんがサービスは三流でした」とのレビュー
「布団を敷きにきていただいた仲居さんの態度はいただけませんでした。あきらかに怒っているという態度で、残った炊き込みご飯をおにぎりにと持ってきたラップを手荒く投げて、布団を足でけつってい敷いているし、で、一瞬にして家族三人固まってしまいました。あれなら、最初から、何時頃布団を敷きにきてくれるのか前もって言ってもらっていた方がずっと気分がいいです。でなければ、自分たちで敷きます。着いたときから、とても感じの良い旅館だと思っていたのに、たった一人の方の立居振舞でせっかくの旅行にケチがつきました。とても感じ悪かったです」とのレビュー
など、接客面での苦情が目立ちますが。
特定の従業員の特定の行動がやり玉にあがっている例が多く、これを宿全体のレベルとして一般化してよいのかどうかは疑問です。
従業員の教育ガー管理ガーと口で言うのは簡単ですが、24時間一挙手一投足をストーキングできるわけでもないでしょう。
たま~~にヘンな人がいてもおかしくはありませんし、100%完璧に防ぐのは不可能。肝心なのは、発覚した後の対処でしょうか。
宿の返信によれば、問題の指摘を受けてスタッフミーティングなども行ったようですし……

あとは、高評価と低評価の比率から、常識的に判断してくださいというところ。

付け加えると、何様お客様といいますか、ぶっちゃけ、お客というのは厚かましい生き物ですし、苦情のすべてが妥当とはかぎらない、という可能性もあわせて考慮すべきかもしれません。

まあ、引き続き3点にも、
「フロントの方は、本当に親切で、すごく気持ち良く接してくださいました。仲居の皆さんは、申し訳ないですが「最悪」な印象です。布団を敷く時に、枕を投げるように置いていましたし、通路で宿泊客がいても仲居同士で喋っていたり、料理の置き方も雑」とのレビュー
「夕食時、配膳されるのに、投げる?というか、ボンという感じで置かれました。料理の説明もなく、料理について聞いてみると、確認してみますとのこと。自分が配膳する料理くらいは、パッと答えられてもいいのでは?」とのレビュー
などの不評は見られるようです。
しかしその一方では、
従業員の程よい距離でのおもてなしが心地良かった」とのレビュー
もあるようでw
スタッフについては当たり外れというしかないかもしれませんし、お客側の感性というか許容レベルというか余裕というかにもよるのかもしれません。

とりあえず☆3レビューの日付は2009年から2015年。長期間にばらけていますし、最近のものはないようです。
にんげんだもの、たまにハズレのスタッフもいるかもしれませんが、確率が高くはないことは、間違いなさそうではないでしょうか。

何にせよあとはすべて高評価ですね。

4点になるといきなり、
従業員の接客態度が素晴らしく感じ、再度、来てみたいと思った。(特に若い方たちでよく教育が徹底されていると感じた。)」とのレビュー
があり、低評価とは打って変わった印象。
投稿日付は2017年04月22日、宿からの返信もまだついていない、最新ホヤホヤの投稿でもあります。
他の投稿を見ても、
「残念ながら蟹の時期が過ぎたためそこだけが残念」とのレビュー
写真を撮っていただいたり、足立美術館までお送りいただき、正面では記念写真を撮っていただき本当に良い思い出になりました」とのレビュー
前もって送った荷物がついておらず、あせりましたがすぐに探して持って来ていただきました。お食事は美味しかったのですが、高齢者には量が多かったです」とのレビュー
「チェックイン時にお茶とお菓子をいただけたり、チェックアウト後もお庭を眺めながら珈琲を飲めたり、部屋に持ち出しOKの足立美術館関連の書籍も沢山揃っていたり…他にも細やかに対応してもらいました」とのレビュー
などなど、接客含めて好評ですし、特に気になるほどの減点ポイントも目立ちません。
荷物の件は、宿の返信によると、
お荷物の件は、当方も大変驚きましたが配送センターの迅速な対応で滞在中にお手元に届いて安心いたしました
なので、問題を起こしたのは宿ではなくあくまで配送業者でしょうか。何にせよ宿が間に入って問い合わせ等の対応してくれたのだとしたら、むしろ頼もしいというべきでしょうか。

高評価多数につき、とてもすべては見切れませんが、
特に最高点の5点は、258件。☆4の3倍以上ですから、圧倒的というしかなさそうです。
内容的にも、
「部屋、お風呂、食事、アクセス、立地、すべてに大満足、100点満点です」とのレビュー
「建物は古いですが、きれいにリフォームされていましたし、グレードアップしてくれたダイニング付きの部屋は快適で、貸切の露天風呂も良かったですし、夕食も美味しく、仲居さんの接客も良く大満足でした」とのレビュー
母の足が悪いのを見て大浴場に近い1階の部屋への変更を提案してくださったおかげで母は温泉を満喫させていただけて大変喜んでおりました。旅館の皆さんの対応が素晴らしく、気持ち良くなった私はお風呂嫌い(笑)なのに3回も温泉に入ってしまいました」とのレビュー
チェックインを15時でお願いしていたのですが、20時すぎになってしまったにもかかわらず、夕食を別部屋で用意してくださっていて、丁寧に対応して下さいました。また、一緒に宿泊した彼が誕生日だったので、ケーキを出していただきたいとお願いしていたのですが、デザートと一緒に準備してくださり、彼も大変喜んでとりました」とのレビュー
などなど、当然ですが、大好評。
足の悪い方のために部屋の変更を提案などの好対応はもちろん、誕生日ケーキについては、☆1の投稿とよい対象になりますね。同じように誕生日対応をしっかりやってもらっておきながら、ああ書くかこう書くか。レビューというのは、書く本人についても明らかにしてしまうものなのかもしれません。

過去に時々ヘンな仲居さんがいたりしたこともあるような話ではあり、人間ですからまたいつなんどきトラブルが発生しないとはいいきれませんし、当事者が文句を言うのは仕方ありませんが……
しかし、まあ、発生頻度からすれば、泊まってもみない先から、そこだけをクローズアップして過剰に警戒するほどの必要はなさそうかもしれません。
せっかくの旅行ですから、万全を期したいのは人情ですが……
未来のことが100%絶対安全確実と保証できるわけもないのですから、疑いすぎるのもホドホドにというか、常識の範囲で検討してみてください。というところでしょうか。

宿の詳細はこちら→さぎの湯温泉 さぎの湯荘
こちらも飲んでみたいですね→「月山」(日本酒)の検索結果:楽天


posted by みる。 at 21:15| 旅行・宿泊 | 更新情報をチェックする