2017年06月02日

新祖谷温泉 ホテルかずら橋

徳島 人気温泉旅館・ホテルランキング(総合)から。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋

わりと頑張って一般サイトっぽくしているようではありますが、まあ、いつものごとく、所詮は楽天フォーマット。
上部のタブを順番に見ていけば十分というか、かえってわかりやすそうです。
ただ、まあ、今回の場合は、宿の公式FBへのリンクも貼ってあるようではあり、そこだけはちょっと注目しておいてもよいかも(裏を返せば、TOPページにある他のリンクは す べ て 楽天ドメインばかりですな)。
お風呂のご案内
郷土料理のご案内
お部屋のご案内
日帰りプランのご案内
各ページの画像ひとつクリックできるわけでもなく、さらなる詳細ページが用意されているわけでもなく……
一般サイトっぽく見せかけようとしたところで、どだい、ページの階層が少なすぎるのですよねぇ、楽天フォーマット。
上のような「がんばった」ページより、
温泉
詳細情報
写真・動画(96)
地図・アクセス
プラン一覧
など、楽天テンプレ丸出しのページのほうが、まだしもクリックできるポイントが多いくらいです。

まあ、そのへんはあくまで楽天クオリティの問題。
決して宿のせいではないのですけどね。

カスタマーレビューは311件、☆平均4.79
内訳は、
5点…211件.
4点…56件.
3点…6件.
2点…2件.
1点…2件.
大好評ですね。
圧倒的といってよさそうです。
まあ、低評価もあるといえばありますが、わずかですし……
人間のやることに100%がありえない以上、この程度は仕方ないでしょうか?

もちろん、内容はチェックしておく必要がありますが……

1点は、
「大浴場にタオルがあるとのことで持たずバスタオルだけ持って行ったがタオルがなかった。夕食も囲炉裏だが蜘蛛の巣が張った下での食事で最悪でした」とのレビュー
「駅からホテルまで、かなりの距離です。バス便が非常に悪いのにホテルの送迎は無い。タクシー会社との関係で送迎してない。と聞き『お客は二の次かい!』と思いました。片道¥3000でした」「食事はひどいです」とのレビュー
上の投稿については「最悪」という言葉も安くなったものだという気がしないでもないですが、送迎していない理由が、「タクシー会社との関係」のため(要するに「片道¥3000」儲けさせるためか?)というのが本当に事実なのだとしたら、世知辛くはあります(お客の邪推かもしれませんが)。
宿からの返信についても、上の投稿については具体的な「回答」になっているように思いますが、送迎の件については具体的に対策するという話は一切出ていないようで。まあ、対応しろといってもそう簡単に「じゃ、送迎やります」というわけにはもいかないでしょうから、仕方ないといえばいえますが……
何にせよ、お客の言うことだけを一方的に鵜呑みにするいわれはさらさらありませので、両者の言い分をじっくり読み比べて検討してください、というところでしょうか。

あと明確な低評価は2点ですが、
「一番の問題は最後に飲み物代などの支払いが何故かクレジットカードがダメと言われました。詳細にはカードは使えると表記がありますが何故でしょうか? 非常に不愉快ですし嘘は嫌いです」とのレビュー
「・チェックイン時に18時半で夕食をお願いしたのですが、19時に変更して欲しいと18時過ぎにフロントへ電話したところ、快くOKしていただいたのですが・・・18時40分に布団敷きのために(?)従業員の男性がノックと同時に部屋のドアを開け、部屋へ入り込もうとしてきました・・・!部屋で休んでいた私と主人は驚いて飛び起きましたが、従業員の男性自身も驚かれたようで、そのままバタンとドアを閉めて出て行かれました・・・。知らない男性がいきなり鍵がかかっているはずの自分達の部屋へ入ろうとしてきたので、従業員だと認識するまでは、正直、私はものすごい恐怖を感じました・・・。その後も又、次は18時50分に女性の声でノックがあり、私は着替えていたので主人に対応してもらいましたが、どうやら、夕食が19時に変更になった事がフロントの方から伝わっていないようでした・・・。その後、ホテル側からはどなたからも謝罪の言葉がなく、ものすごく不信感と不安感でいっぱいになりました」「それ以外(その他の従業員の方々の対応、食事等)は、初めに書いた露天風呂の景観以外は不満がなかったので、今回は本当に残念でした」とのレビュー
上はサイト表示の問題、下は個別のトラブルですね。

表示の件は結果的には「虚偽」ですが、その旨、サイトのほうで明記しなおせばよいわけで、その気があれば改善はたやすいでしょう。
上の投稿がズバリこの件に該当するのかどうか微妙ですが、とりあえず現時点で詳細情報には、
申し訳ございませんが、クレジットカードでのお支払いは5000円以上でお願いしております、ご了承下さい
との注記はあるようです。

下の投稿のトラブルについては、まあ、それ自体は、人間だものたまにミスはありうるでしょう。
問題はトラブル自体よりも、その後のフォローがなっていなかったことですね。
しかし、まあ、これも、人間だものというか何というか、リアルタイムで対応できなかったのは問題には違いありませんが、投稿を受けて反省会は開いたとのことですし、改善の意思はあるようです。
件数的にはあくまで例外的な事故の類ですし、その「例外」をどこまで重大視するかですね。
他の宿なら100%絶対安心なのかといえば(人間のやることに100%がない以上)そういうわけでもないでしょうし、こだわりだせばそもそも泊まれる宿がなくなるかもw
二度目の宿泊≒リピーターとのことですし、「それ以外(その他の従業員の方々の対応、食事等)は、初めに書いた露天風呂の景観以外は不満がなかった」ともありますので、通常対応自体に問題はなさそうですから、なおさらです。

以上、低評価でしたが……

送迎やカードなど、システム面については、(要望はいろいろあるでしょうが)、最終的な決定権は宿にあり、要はルール。
トラブルやミスについては「例外」「事故」の類ですから過度に一般化するのは禁物でしょう。
食事やアメニティについては、人それぞれな面もあり、ケアレスミスの可能性もあり、このわずかな件数をそのまま一般化するのは、やはり慎重にした方がよいかもしれず。
そして何より、(トラブルの件は例外として)、通常の接客への不満がほとんど見られなかったのが、印象的です。

時々、ポカミスはないでもないようですが、基本的なクオリティは高いのかな?と、むしろ心強く感じることもできなくはない、個人的には、そんな低評価欄だったような気がしないこともありません。

交通の便は悪いそうですし、荷物が多いと路線バスというのもアレですが……
不便なだけでバス便もないことはないらしく……
辺鄙なところだからこそわざわざ行く価値がある、というのも「旅行」というものかもしれませんし……
地図・アクセス等、あらためてチェックしつつ検討してください。というところでしょうか。

あとはもう多少なりとも低めの評価といえば、3点が数件あるだけですね。
これもあくまで3点=☆三つですから、
感じのいい接客で気持ち良かったです。食事の時の若女将の民謡のもてなし、一生懸命さに拍手です」とのレビュー
「広いお部屋が空いたとの事で、グレードアップしていただきました。ゆったりしていて良かったです。集中豪雨の中、傘を持っての出迎えなどお心づかいもありがたかったです」とのレビュー
「夕食は、田舎料理を堪能することができました」「渓谷の山上の露天風呂はケーブルカーで行け良い風呂でした。ゆっくりくつろげる休憩所もあり、渓谷美を楽しめました。3階の大浴場は綺麗で、ゆっくり入れてよかったです」とのレビュー(画像)
など、普通に好評な面もあるにはあるようです。
しかしそこはそれ☆3ですから、減点ポイントもあるわけで……
夕食が残念でした」とのレビュー
食事については少し不満が・・・」とのレビュー
など、☆1に引き続いて食事には不評もあるようです。
まあ、食事内容それ自体については好みもあることでしょうから一概には言えませんが……
食事の提供の仕方については、接客・サービス面での問題ですから、旅館業的には重大かもしれません。
☆1☆2では通常対応への不満がほとんどなく、かえって印象が良かったくらいでしたが、☆3になると、かえって、
「フロントの方は笑顔で迎えていただけたのですが、お部屋に案内してくださる方が、今まで色々な宿泊施設に泊ってますが、本当にびっくりする位に無愛想でした・・・」「非常口の案内は絶対にして下さい!震災のあった年なので、いつ災害があるかわかりませんから・・案内の方がいなくなってから、非常口、ゆかた、丹前を自分で確認しました」「部屋を案内してくれた方は、相変わらず無愛想で、食事の中ほどに、1品お料理を持ってきてくれたのですが、最初にメニューの説明もないので、私たちは何が配膳すみか分からないに、「これはこちらのですか?」とおこって聞いてきて、「ちょっとわかりません」と言うと、踵を返して帰って行きました・・・(失礼しましたの一言もなく)」とのレビュー
「大雪が降りバスが運休してしまったので、迎えに来てくださいましたが、事前に確認した時には「勝手にどうぞ」という雰囲気が伝わってきて、思わずキャンセルしようかと思ったくらいでした」とのレビュー
など、かなり致命的な報告が目につくようになっています。
しかも、こういった苦情に対して、宿からの返信が、
当館のスタッフは素晴らしい一流のサービスは出来ないにしても、お客様をおもてなししよう、楽しんでいただこう、という気持ちはいつも心の中に持っています
どれも私たちがお客様のことを思い、こだわりをもってさせていただいている事ばかりです。それが、心に届かず本当に残念に思っています
など、謙虚さの感じられない、一方的な主張・反論・逆ギレとも読める内容になっているのは、いかがなものか。
まあ、文章から受ける印象は人それぞれ異なるかもしれませんから、じっくり読み比べて、自分の感性で判断してみてください。というところでしょうか。

何にせよ、残るはすべて高評価。
基本的に大好評な宿には違いありません。

4点5点を合算すれば、267件ですから、件数的には圧倒的と言ってよいでしょう。
「ケーブルで上がるお風呂最高です!食事も囲炉裏端で雰囲気があり,しかも地元名産品をはじめ,食べきれないほどの御馳走がずら~り。感動しました」とのレビュー
バス駅は非常に近いです!とても親切なスタッフ!食事がおいしい !温泉は素晴らしいです」とのレビュー
スタッフの方々のあたたかいおもてなし、ロビーやお食事処の生け花、素敵でした」とのレビュー
とても温かいもてなしで、ホテルのスタッフの方全員に歓迎されている気分でした。お料理もとてもおいしかったです」とのレビュー
などなど、当然ですが、大好評。
中には「バス駅は非常に近い」などという評価もあるようで……低評価のアレは何だったんだという印象。まあ、地図・アクセスその他あらためて入念にチェックしてくださいというところですか。

低評価を見るに、たまにとんでもないポカやアタリハズレがないこともないようですが、まあ、人間のやることですし……
何はともあれ、基本スペックは高いといってよさそうな宿ではあるのでしょうか?

あとは……

「Very excellent service! The hotel staff are very friendly and showing good hospitality」とのレビュー
「Hotel staff are very good and polite」とのレビュー
など、横文字の投稿には横文字の返信もあるようで。
正確な英語になっているのかどうかは当方では判断できませんがw
英語OKなスタッフもいるのかもしれません?
要確認ですが、それはそれで、場合によっては、(選ぶにせよ回避するにせよ)考慮に値するポイントなのでしょうか?
まあ、一口にガイジンといっても国籍その他ピンキリですが……
APA的な魔除けくらいは実装しておいてほしい気はしないこともありませんな。
大艦巨砲主義:政府「外国人観光客を4000万人に増やしたい。地方はもっと努力すべき」


宿の詳細はこちら→新祖谷温泉 ホテルかずら橋

posted by みる。 at 01:56| 旅行・宿泊 | 更新情報をチェックする