2019年03月02日

民宿 鈴屋

青森 人気ホテル・旅館ランキング(総合)から。

民宿 鈴屋

これまたシンプルですな。。
詳細情報
宿泊プラン
写真・動画(2)
地図・アクセス
ページが少ないと閲覧するのは楽ですが……
さすがにもう少しアピールがあってもよかった気はしないでもありません。
写真も2枚とか……💦 かなり珍しい部類かと。

個人的に微妙に気になったのは、
当宿、エアコンを設置しておりません。扇風機の設置のみとなります
冬季間(11月~3月)は、別途、¥300/室の暖房費を頂いております。
ですかね。
別にツッコむほどのところでもないのですが。。
「エアコン」はないけど「暖房」はあるそうで。
その「暖房」というのがストーブなのかこたつなのか床暖房なのかはたまた私が知らないような何かなのか。
東北ですからねー、夏場より冬場のほうが気になるわけです。

まあ、何はさておきあとは口コミですね。


カスタマーレビュー82件、総合評価4.65
内訳は、
5点…33件.
4点… 13件.
3点… 4件.
2点…0件.
1点…0件.
大好評ですね。
コメント付きの投稿は今のところ低評価皆無です。

ただ、項目別の採点を見ると、数字的にはわりと微妙な項目もありそうかも?

suz1.jpg

まあ、「民宿」ですからね、設備面が大旅館レベルでなくても仕方ないか?という気はしないこともありません。(そういう意味で点が辛いわけでもないですかね?)
対して、「サービス」「食事」はきっちりしっかり高水準ですから、何よりかと。
特に広告の時点ではほとんど何のアピールも見られなった食事が現時点で 4.89 と突出して好評なのは頼もしいかぎり。いったい何が出てくるのですかね……?? それこそ写真等でアピールしておけばよいのに……と若干モッタイナイ気がしないでもありませんな。


3点を見ると、

「和室はエアコンなしで夏はつらいかも。二階の共同洗面所トイレは和式のみ、和式トイレの手前に小便気がある。安くあげたいかたにオススメ。」とのレビュー

「まずは衛生面で、気になる点がいくつかありました。隅々まで掃除が行き届いていないような…宿の方の対応自体はよく駅からも徒歩圏内の好立地でしたが。。」とのレビュー

「部屋も清潔でよかったです。ひとつ難を言えば、食卓に並んでいる料理の内容に若干の違いがあり、どこに座ってもいいとのことで座ったのですが、運悪く、私の前にあった刺身の、身の色が変色していました。」とのレビュー

など、なるほど設備面の指摘もあるようですが……
それ以上に食事面で気になる指摘があり、「あれ?」という感じ。
まあ、日付けも「2009年06月08日」と10年前ですし、しかもこれ1件だけですから、あくまでこのときだけのレアケースと思いたいところですけどね。
4件中3件には宿からの返信もあるようですから、そちらの言い分もあわせてチェックしたうえで検討していただければ……と。
ちなみに設備面については、2017年の時点で、
先代からの建物の為、設備面でご不便をおかけいたしました。いずれは、改修したいと奮闘しているところでございます。
だそうで。将来性に期待したいところでしょうか?


何にせよ残るはすべて高評価ですから……
施設の古ささえ気にならなければ、良さげな宿には違いなさそうでしょうか。

4点にせよ5点にせよ、

料理がとても美味しく、お刺身、鍋物、焼き物、野菜のバランスがよく、ご飯時間はかなり融通をきかせていただきました。おかみさんのご配慮が本当に優しくて、サービス以上です。」とのレビュー

「下北観光の拠点として立地的にもよかったのですが、やはり期待していた地元の食材を使った食事が最高でした。アットホームな雰囲気も良く、楽しいひと時を過ごすこともできました。」とのレビュー(画像)

食事は煮物、鍋物、お刺身とバラエティーに富んでおり大変よかったです。お風呂が交代制」「・宿帳についての不安。」とのレビュー

昔の学生時代を思い出す民宿タイプ。ほんとボリュームいっぱいのお食事でした。ホタテの刺身もあり、毛ガニも食べれて、太っちゃいました。」とのレビュー

「若主人と若女将が笑顔で迎えてくれる。感じのいい宿だ。風呂をすぐに使わせてもらう、きれい。さっぱりしたところでクチコミ期待の夕食。」「右端に赤い大きな甲羅のワタリガニ、左にはホタテ、右にタラ(?)の湯豆腐が火をつけるばかりに、真ん中には野菜の煮物、天ぷら、刺身は珍しいメバルに鮪、サケ、奥に煮魚が頭左で1匹、茗荷の漬物、御新香が彩きれいにズラ—っと並ぶ。とにかく豪華。どこから箸をつけようか。迷う。どれに箸をつけてもおいしいのだ。酒の進むことよ。」とのレビュー

素泊まりせず、ぜひお食事していただきたいお宿です!六千円で刺身たくさんほたてエビの貝焼き、お煮染め、天ぷらほか。あれだけのお食事が楽しめるのは感動でした。素泊まりはもったいないです!」とのレビュー

「晩御飯のボリュームがすごい!!どれもこれも女将さんの手作りで、大変おいしくいただきました。昨年も宿泊したことを伝えると、宿帳を調べてくれて、昨年と同じ物は出しませんとのことで、昨年とは違うお料理をいただきました」とのレビュー

「夜10時過ぎにチェックインしましたが女将さん優しい対応で旅行の疲れが取れました。」「トイレ、お風呂、洗面所は共同です。トイレもきれいでよかったです。洋式のトイレは2階にはなく、1階にありました。」とのレビュー(画像)

などなどなど。
当然ですが大好評。

なるほど設備面へのツッコミはチラホラあるようですが、一方で、やはり接客・食事は好評ですね。
「右端に赤い大きな甲羅のワタリガニ、左にはホタテ、右にタラ(?)の湯豆腐が火をつけるばかりに、真ん中には野菜の煮物、天ぷら、刺身は珍しいメバルに鮪、サケ、奥に煮魚が頭左で1匹、茗荷の漬物、御新香が彩きれいにズラ—っと並ぶ」などと……読んでるだけで飯テロ注意な投稿もありますね。。
また、「ご飯時間はかなり融通をきかせていただきました」とか「昨年も宿泊したことを伝えると、宿帳を調べてくれて、昨年と同じ物は出しませんとのことで」云々などという投稿もあるようで。良い意味でルーズというか何というか。そういう融通のきき方は、あれこれカッチリ決まっているホテルや旅館とは一味違ったポイントかもしれません?

何はともあれ、☆3のようなミスもなく、何よりです。

少し毛色の変わったツッコミとしては「・宿帳についての不安。」云々というのもあるようですが。。
宿帳の記入って、普通、スタッフの目の前で書きませんかね?
その状況で手書きのアナログ情報をどうやって盗むんだというか凄腕ですかというか何というか、自意識過剰な気もしないでもありません。
まあ、気になる人は気にしてください。狙われる危険を自覚している方は特に……って誰だよ、それ💦

まあ、「昔の学生時代を思い出す民宿タイプ」との声もあるようで、「こじんじょうほう」とかそのあたりの感覚からして、いろいろな意味で昭和なのかもしれません?
一部ですが画像投稿もあるようで、室内の様子なども見られますが……余計なテクニックなども感じさせない正直な画像で、なるほど「民宿」です。という感じ?
ある程度以上の年代なら懐かしささえ感じるかもw
実際、60代の方からの、
「気持ちがホッとする民宿でした。」とのレビュー
などもあり……
いろんな意味で「アットホーム」な「民宿」というやつなのかもしれません?
(そういう意味の投稿でもないのかしら?)


まあ、何はともあれ、現時点で低評価皆無。大好評には違いありませんし、あとは合うか合わないか、人それぞれですかね。
レビューはまだまだ大量にありますから、ゆっくりじっくりチェックして、雰囲気をつかんでみていただければ……というところですね。

健闘を祈ります。


宿の詳細はこちら→民宿 鈴屋


posted by みる。 at 01:56| 旅行・宿泊 | 更新情報をチェックする