2019年04月13日

宮内庁編「道 天皇陛下御即位三十年記念記録集 平成二十一年〜平成三十一年」


Amazonメディアと社会 の 売れ筋ランキングから。

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集 ― 平成二十一年~平成三十一年

皇皇后両陛下のお言葉・御製御歌を集成したものですね。十年ごとに編まれています。これが三冊目。平成最後。
全文完全収録というわけではないかもしれませんが、重要な御発言はおさえてありますし、特に今回は、東日本大震災発生五日後のそれや、今回の譲位のきっかけになったそれ――二度の「玉音放送」が二度とも収録されています。


だってこちらで天皇家 百五十年の「戦い」というのを見ましたが……
いったい、陛下の「戦い」とは何だったのか、陛下御自身のお言葉から確かめてみるのもよいかもしれません。
江崎氏曰くその戦いはまだ未完のようですから、なおさらです。


あ、そんな難しく考えなくても、日本人なら持っていてよい一冊でしょう。
私もさっそく購入しましたが、まとめて拝読すると圧巻です。内容は元より、まずその分量に圧倒されます。マスコミなどでも、陛下が数多くの御公務・激務をおこなしになっていることは報じられていますが、このお言葉の多さ、お言葉を発せられる機会の多さを考えると、それだけて背筋が伸びる気がします。
時系列ではなくテーマ別に収録されているのですが、震災に関連するお言葉だけでも、あらためてまとめてみると、こんなにも多かったのかと……被災地にたびたび何度もお運びになっているとは報道などでも伺ってはいましたが、国民の多くはそのすべてをそのつどチェックしているというわけでもないでしょうから、目を瞠らされるというか、一口に「たびたび」だの「多い」だのという、その言葉の本当の重みが、目次を見るだけで伝わってくる勢いです。
「日本人なら持っていてよい」というより、むしろ日本国民なら必読?


もなく譲位。この機会に一巻・二巻と合わせて買いそろえてみてもよろしいかと。
Amazon:
新装版 道 天皇陛下 御即位十年記念 記録集 平成元年~平成十年
道 天皇陛下 御即位二十年記念 記録集 平成十一年~平成二十年
レビューというほどのものはほとんどありませんが、二巻については、今のところ1件だけ、
「お言葉を通じて天皇陛下が何を考えているのかを知る 」とのレビュー
があるようです。
投稿にもあるように、陛下のお言葉を聞く機会が少ない、その一方で、陛下のご意向を歪め、都合よくミスリードしようとする輩は後を絶ちません。それこそ狂った「忖度」に騙されないためにも、陛下御自身のお言葉に各自が直接向き合うことも必要ではないでしょうか。


なみに本書10ページにも、
質問にあるような平成の象徴像というものを特に考えたことはありません。
という……
偏向記事に都合の良い言質を取ろうとする記者の質問を真っ向から否定されるご発言が収録されています。これも「戦い」ではないかと思いますが、言われなければ、普通の国民はなかなか気づかないですよね……
そういう意味では、前掲リンク先の江崎氏の著書も合わせて、あらためてお薦めしておきます。


品詳細はこちら→道 天皇陛下御即位三十年記念記録集 ― 平成二十一年~平成三十一年
他店を探すならこちら?→https://amzn.to/2v7JgwB
楽天で探すならこちら?→
道 天皇陛下御即位三十年記念記録集 平成二十一年〜平成三十一年 [ 宮内庁 ]
「道 天皇陛下」の検索結果:楽天


 
ラベル:皇室
posted by みる。 at 11:56| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする