2020年02月22日

すぎはら ゆみこ(文)× かみなか おさむ (絵) 「メチのいた島」



事になっていたのでチェックしてみましたが、
産経ニュース:竹島絵本を世界へ 英語版の出版にクラウドファンディング
英語版以前に、日本語版が入手困難っぽい気配もあるんですがそれは💧
metc1.jpg

絵本メチのいた島

明がないに等しいのもアレです。
わずかにデータが残っているだけですが、
大型本: 63ページ
出版社: 山陰中央新報社 (2017/8/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 487903178X
ISBN-13: 978-4879031785
発売日: 2017/8/1
梱包サイズ: 27.6 x 22.4 x 1.2 cm
版元は新聞社でしょうか。
地方紙もいろいろおかしなところが多いような話も聞きます、ここはどうなのかしら?
誰も書かなかった「反日」地方紙の正体 https://amzn.to/38SjzCD


スタマーレビュー
5つ星のうち4.4
評価の数 5
星5つ…84%
星4つ…0%
星3つ…0%
星2つ…0%
星1つ…16%
大好評ですね。
1件だけ低評価がありますが。
まあ、わかりやすい話です。


るまでもないようなものですが、一応、確認しておくと、低評価は、
「これも結局嫌韓したいだけのもんじゃないの?」とのレビュー:Amazon
案の定というか何というか。
わかりやすいといえばわかりやすいですね。
コメントが2件寄せられています。何でしたら見ておいてください。


るはすべて高評価。
「竹島の真実を学べます。」とのレビュー:Amazon
「生活に密着した内容だと思います。子どもたちが、静かに読んでいたのが印象的です。 」とのレビュー:Amazon
「家族で読み、しっかりと話をしましょう。」とのレビュー:Amazon
「竹島と日本人のつながりがよく分かりました。 」とのレビュー:Amazon
などなど、当然ですが大好評。
まあ、内容面はいまひとつハッキリしませんが……
youtubeに読み聞かせ動画がありますから、確認してみてもよいでしょう。


かなりマイルドな内容です。
動画を見るかぎりでは、李承晩ラインの「違法性」はもちろん、島民・漁民が殺されたことすら書かれていないようですし。。
しかも、竹島に「行けなくなった」理由の第一は「太平洋戦争」になっているようですが、このあたりも、日本の「侵略」とかいう嘘を教えられている欧米ではさらによけいな誤解を招きそうな気もします。
これ、英訳して、何か訴えるものがあるのかしら……といっそ心配になるくらい?
(大人向けの解説ページでも追加できればまだしもかもですが)
こうなったにはこうなったなりの判断もあるのかもしれませんが、大人目線では物足りない、という意味では、低評価もおかしくないかもしれませんね。。


ども向けとはいえ、せめてもう少し……という気もしないでもありませんが、それでも、まあ、絵本という形式で、子ども向けに存在する竹島関連本というのは、それだけでも、意味はあるのでしょうか?
「竹島って聞いたら、どんなことを思い浮かぶ?」って、食卓の時間に子どもに話かけることがありますよね
というのがどんなご家庭なのかはアレですが。
「家族で読み、しっかりと話をしましょう」という人もいるように、そういうご家庭が増えるべきなのかもしれませんし、詳しいことは大人が勉強して、年齢に応じて、教えていくべきなのかもしれません?
冒頭のクラウドファンディングの話もそうですが、民間で細々とやるしかない。国は援助するどころか足を引っ張りかねない。それが日本とかいう反日国家ですしね。。
(それでも、さすがにK国に対しては、多少、強硬な姿勢を見せるようになったように見えないこともないこともないかもしれませんが。では姿勢≒ポーズ以外に何をやったのかといえば、サッパリですし。
産経ニュース:
フッ化水素の対韓輸出再開 森田化学工業、半年ぶり
【竹島の日】研究の第一人者、無策の政府にいらだちも
別の国への売国をごまかすための目くらまし・ガス抜きにすぎないようにも思えなくはありませんしね。。
ちなみに上の読み聞かせ動画をUPしているチャンネルも、内閣官房領土・主権対策企画調整室 とかいうそうですが。つまり税金を投入しているわけですか。それにしてはUPされている動画はずいぶんとまた少ないような薄いような。。)


上。
大人がしっかり学んだうえで、うまく「活用」するのであれば、意味がないわけでもない商品かもしれません?
定価で入手できるのかどうなのか、謎ですが。。
お手頃価格の出品が見つかるのであれば、チェックしてみてもよいかもしれませんね。
当然ですが、楽天にも出品はあり、絶版・品切れではなく、取り寄せとなっているお店もあるようですが……その情報が正確ともかぎりませんしねぇ。
まあ、何はともあれ、チェックしてみてください。
「メチのいた島」の検索結果:楽天


なみに楽天ブックスの商品紹介には絵本紹介サイトからのレビュー引用なども載っているようですし、
けれど1952年に韓国に実効支配されてから、漁ができなくなりました。

調べてみると、以来竹島には韓国の警備隊が常駐し、毎年20万人もの観光客を上陸させているそうです。これではニホンアシカが立ち寄らなくなり、絶滅していくのも当然でしょう。

江戸時代から日本人と共にあった豊かな島。
竹島が日本固有の領土であることが、子どもたちにもわかりやすく
伝わると思います。
ここにも「調べてみると」とあるように、やはり、大人こそがちゃんと調べて・学んで・知って、補っていく必要はありそうかもしれませんね。。


商品レビュー
☆5…2件
それ以下は0件
「去年、資料室へ行ったときに拝見。非売品で、発売の予定はないとのことだったので、入手できて嬉しい‥‥いや、韓国の不法占拠がなければこの本もなかったのだから、嬉しい、はよくないかな」とのレビュー:楽天
「イラストが親しみやすいので、子供も興味を持って見ることができました」とのレビュー:楽天
など、大好評。
しかし、クラウドファンディングの件といい、本書自体の品切れくささといい、しかも、元々は「非売品で、発売の予定はない」ですか。。
国家予算で嘘八百のプロパガンダをくりかえすアチラ様にくらべて、日本政府の意識の低さたるや、何なのでしょうね。
年に一度のセレモニーで人気取りの社交辞令を並べてガス抜きしていればそれでよいとでも思っているのでしょうか。そのセレモニーにさえ、閣僚の参加はいまだにありませんしね。。
産経ニュース:「竹島の日」式典で政務官にやじ 「大臣はいつ来るんだ」…地元に募るいらだち





品詳細はこちら→絵本メチのいた島
楽天で探すならこちら?→「メチのいた島」の検索結果:楽天


 
posted by みる。 at 20:28| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする