2020年04月08日

加藤寛 他「入門公共選択―政治の経済学」(2005年版)



式が出てくるのはまだしも、文章自体も、大した内容でもないのにわざわざ持って回ってしちめんどくさくして喜んでいるような悪文のオンパレードですが。そのあたりのコケオドシを引っぺがしてみれば、内容自体はさほど難しくないというか、むしろ「常識」に近いもののような気もするわけで。政治にしても経済にしても、そうした「常識」や「正気」を取り戻すことが先決な気がしないでもない、という、そんな一冊。
Amazon経済学入門 の 売れ筋ランキングでランク外ですが、微妙に惜しい182位。。続きを読む
posted by みる。 at 01:07| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

ジョン・スチュアート・ミル「自由論」 (光文社古典新訳文庫)



ちらで「正座して読め」と書いておいた本の別エディション。
岩波の新訳https://amzn.to/2wQ3Mq5はナンボのものか知りませんが(これはこれでレビュー参照。https://amzn.to/2UVCTcfとかhttps://amzn.to/2yqu6Ysとかでバトル発生?)、旧訳https://amzn.to/3bAhUCKはわりと難渋との噂を聞きますので、とりあえず、この光文社版あたりから入るのがとっつきやすいのかしら?というところかと。続きを読む
posted by みる。 at 01:54| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

岡田幹彦「東郷平八郎―近代日本をおこした明治の気概」



ちらの姉妹編というか。乃木さんときたらこの人もねということで。。続きを読む
posted by みる。 at 01:17| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

志村けん「志村流」



切れっぽいですが、今のところ著者の本のなかでレビューが一番多そうだったのがこれなので。。
ご冥福をお祈りします。
産経ニュース:志村けんさんが死去、新型コロナ感染で肺炎
Amazon落語・寄席・演芸 の 売れ筋ランキング5位、演劇 の 売れ筋ランキング12位、タレント本(総合) の 売れ筋ランキング17位、などから。
サブタイトルが違いますが、文庫版もあるのかしら??続きを読む
posted by みる。 at 20:28| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

岡田幹彦「乃木希典―高貴なる明治」



著。こちらなどと合わせてどうぞ。続きを読む
posted by みる。 at 01:09| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

高山正之「「官僚は犯罪者」は世界の常識」



頭狗肉や看板倒れでない、ちゃんとタイトル通りの内容なら、反論の余地はなさそうです? 冒頭「試し読み」もできるようですから、チェックしてみてください。続きを読む
posted by みる。 at 01:22| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする