2020年06月28日

近藤みゆき訳注「和泉式部日記 現代語訳付き」 (角川ソフィア文庫)



イトルは「日記」となっていますし、本人の作だとする見解も根強くはあるかもしれませんが。一方で、実は別人が書いた後世の創作ではないかという説もあるそうで。
後者の根拠はいろいろあるのでしょうが、とりあえず、相方の帥の宮の和歌が多すぎる&上手すぎる。有名歌人の和泉式部とそうそうタメはれるわけねーだろ、というのがわりと感覚的に腑に落ちます。式部自身の歌はほぼ確実に本人作とされているものが多数残されているので、帥の宮の歌はそこから逆算して作られたのだろう。つまりそれができるくらいのひとかどの歌人が作者だ~とか何とか。まあ、これはこれでツッコミどころはあるのでしょうし、そもそも作品自体の鑑賞には不必要な話でもありますが。興味のある人は講談社文庫版(https://amzn.to/3885HVk)の解説なども参照してみていただければ、と。
何はともあれAmazon古代・中世文学の日記・随筆 の 売れ筋ランキングから。続きを読む
posted by みる。 at 02:40| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

樋口隆一「陸軍中将 樋口季一郎の遺訓ーユダヤ難民と北海道を救った将軍」



こちらでオトポール事件についてかるく触れたことがありますが。その立役者・樋口季一郎中将は他にもアッツ~キスカの戦いや、占守島の戦いにかかわった「奇跡の将軍」でもあり……関連書籍は何冊か出版されていますが、そのなかでも最新の一冊でしょうか。しかも著者が「樋口」隆一氏。樋口中将のお孫さんだそうで、そういう意味でも注目の一冊? 故人の名を辱めないだけの内容を期待したいところ。レビューはまだ少ないですが、忘れないうちに軽くチェックだけしておきます。Amazon日中・太平洋戦争 の 売れ筋ランキングから。続きを読む
posted by みる。 at 01:48| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

竹山道雄「竹山道雄著作集 (1) 昭和の精神史」



い方の著作集ですね。
またぞろ「昭和の~」ですが、やはり多少なりともレビューが多めなのはこれですかねぇ。個人的には「第二現実」のアイディアが固まったこちらのほうが進化版だと思うのですが。。続きを読む
posted by みる。 at 01:53| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

池田亀鑑「平安朝の生活と文学」 (ちくま学芸文庫)



れも、まあ、古い本ですし、読んで面白いかと言われると困る面もありますが。長年にわたって複数の出版社から再刊され、版を重ね重ねていまだに売れつづけている、古典的名著ではあり。古典、王朝文学など読む人は、軽く目を通しておくべき一冊ではあるかもしれません。
Amazon奈良・平安時代 の 売れ筋ランキングから。続きを読む
posted by みる。 at 01:49| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

紅桜蒸溜所 北海道自由ウヰスキー ジン 9148 [700ml ]



ントに増えてますね国産ジン。。
LiquorPage(リカーページ):なぜ今ジンの銘柄数が急増しているのか?
Amazonジン の 売れ筋ランキングから。続きを読む
ラベル:北海道 ジン
posted by みる。 at 01:04| ビール・洋酒 | 更新情報をチェックする